マドリディズモ
マドリーをこよなく愛する者が書くブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いいかも~!

Malaga 0-2 RealMadrid
(Gol)Madrid:S.Ramos Robinho






ロペス・カロ、リーガ初戦良いスタートを切れたのではないか!?
GK:カシージャス
DF:サルガド、パボン、エルゲラ、ロベルトカルロス
MF:グティ、セルヒオラモス、ジュリオバチスタ、ジダン、ロビーニョ
FW:ロナウド

カスティージャ時代から使っている4-2-3-1をマドリーに呼び戻してグティとセルヒオラモスのドブレピボーテ、右にロビーニョが開いてジダンが左寄り、バチスタが真ん中、ロナウドのワントップのような形。


試合開始からマドリーは今までとは違い高い位置からプレスをかけセルヒオラモス、グティのところでボールを奪って攻撃に移るサッカーを見せる。ただ序盤はマラガのディフェンスも厳しくなかなか最前線までボールを運べずに流れとしてはあまり良くない。それでも右でスペースを得たロビーニョは生き生きとしててサルガドとの連携も良かった。33分、ジダンのCKをエルゲラ張りの動きを見せて相手のマークを外したセルヒオラモスが合わせて先制、さらに右サイドでジダンとロビーニョがパス交換してロビーニョがドリブルから左足で豪快に決めて2点目。その後はマラガの守備陣も崩れ始めチャンスを作るが追加点は奪えず前半終了。


後半、前半同様高い位置からプレスをかけてボールを奪っていたが、ルシェンブルゴ時代はまったくそんなことやってなかったせいか徐々に選手達にも疲れが出始めて足が止まるとプレスがかけられなくなりマラガの攻勢に。ただエルゲラ、パボンのCB、ドブレピボーテの集中は切れずにしっかり最後まで守りきって結局2-0で勝利。




今後に希望の持てる試合だったのではないかと思ってる。
攻撃に関してはまだ物足りなさはあるものの、ロビーニョを右に出すことで本来のプレーが戻りつつある気がする。そしてグティ、セルヒオラモスのドブレピボーテはお互いがバランスをとりながらグティが攻撃の起点となってボールをいい感じに散らしていた。ジダンのコンディション、ジュリオバチスタにセビージャ時代のプレーが戻ると面白い攻撃を見せてくれそうだなという期待が持てる。
それもこれもルシェンブルゴ時代にはなかった前線からのプレスによる守備があってこそのものだろう。フィジカル的に後半はどっと疲れが来た感じだけど慣れだろう。セルヒオラモスは「ロペス・カロのやりたいサッカーが見えた」と言っている。ルシェ時代に選手からこんなコメントが出たことがあっただろうか。これがすべてを物語っているように思う。


問題はベッカム、ラウールが戻ってきた時だ。まぁこれについてはオサスナ戦までにまた書くことにしようか。
スポンサーサイト

コメント

うーん、かなり良かったですね。
昔(デル・ボスケ時代)もラウールが下がり気味のマクマナマン&マケレレの4-2-3-1だったんで、
このフォーメーションは結構ありかと。

問題はかぶってるポジションをどうローテしていくかですね。
とにもかくにも希望のもてるゲームでした。
【2005/12/13 03:42】 URL | inoran #-[ 編集]
今日はマラガだったけど、強豪相手になった時、どういうチョイスをするのか。次節大注目ですね。
【2005/12/14 03:13】 URL | siesta #-[ 編集]
>>inoranさん
デルボスケ時代の4-2-3-1は魅力的でしたねぇ。マッカ、マケレレと有名ではあるけれどいわゆる銀河系ではない選手達だったからこそのサッカーだったような気がします。
このフォーメーションでもやはりベッカムの起用法、これが注目ですね。

>>siestaさん
強豪相手になった時、そうですね。ピボーテ1枚じゃないのでクラシコのようなことはもうないでしょうけど強豪クラブ相手にセルヒオラモスとグティでどれだけやれるかは注目ですね。そして次節早速首位のオサスナ相手ですからね!!
【2005/12/14 16:43】 URL | タカ #JalddpaA[ 編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

自分の中では R・マドリード>シドニーFCだったんだけど・・・

最近のWOWOWのR・マドリード<バルセロナという構図により、レアルの試合は午後6時から8時までの録画放送。カズの出る世界クラブ選手権の放送は午後7時から9時半まで。 というわけで、かぶった時間はチャンネルを変えつつ観るはめになりました。  マ フッチボル・アレグレ とか【2005/12/13 00:21】

マラガvsレアル・マドリード

スタメンにP・ガルシアがいない。ディオゴやグラベセンも。セルヒオ・ラモスはピボー ショウの雑記帳【2005/12/13 01:37】

セビリアはほぼ互角に戦ったが [バルサ - セビリア 2-1 リーガ15節]

セビリアはほぼ互角に戦っていた。前々節のビジャレアルのように。前半はむしろセビリアが優勢だった。そして後半15分、アドリアーノの突破から、サビオタ、カヌーテで先制したときは、勝てそうな気がした。しかしその直後、CKのクリアーミスをエトーに叩き込まれた。さらに ユーロな日々【2005/12/13 16:02】

千里の道も

リーガ・エスパニョーラ第15節、マラガ vs. レアル・マドリッド。 新監督、ロ... siesta Weblog【2005/12/14 03:09】

NEXT MATCH

10/7 Sweden v Spain

ai

カウンター

Weather

プロフィール

タカ

Author:タカ
マドリーの情報、その他サッカー関連のことを書きます

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。